幼馴染に言われたムダ毛の話

ムダ毛処理をする女性
私は長い付き合いになる幼馴染がいます。

彼とは小さい頃からよく共にいて、身内の様な係りです。

双方に一人っ子なので、たとえて言えば仲がいい兄と妹のように育ってきたのです。

だから彼の前では全く恥がないのです。

けれどもやはりに彼の個室でゴロゴロしているケースに必要ない毛の事についてネチネチ言われたのは多少不安になりました。

幼馴染に「必要ない毛くらい剃れ照れくさい」とネチネチと言われて、彼氏がいない所以がそれじゃないかと言われたのです。

すごくムッとしました。

おっしゃる通り私の幼馴染には1つ年下の彼女がいるのです。

でも私には全くいません。

必要ない毛は必ずに係りないと思っていたのですが、おっしゃる通り幼馴染といえども男の人の住宅に行って全然必要ない毛の事を気にしない自身は多少女としてアウトかも知れないと考えました。

そう思ったので、幼馴染に彼氏ができない訳をつっつかれて、「女らしさに欠けている自身」に気づけたのです。

これがきっかけで私は脱毛に行きました。

脱毛に行ってからは必要ない毛が処理しなくてもいいくらいに抜けてくれました。

必要ない毛が無くなって行くのに非常に大喜びです。

幼馴染の言語にはすごく腹が立ったけど、彼の言語も一理ありました。

脱毛を終えたら私だってわずかはモテるようになるかもしれないと望みをしています。

あの嫌味っぽい幼馴染にだって彼女がいるのです。

私だって彼氏を作りたいと思っています。

脱毛に行ってからは少々ずつ恋愛にも積極的になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>